先輩社員インタビュー 後藤 有喜INTERVIEW

仕事の一つひとつが成長への一歩いつの日か自分の仕事を誇れるように。後藤 有喜 東京本店工事第一部工事課 2016年入社 北海道科學大學卒
仕事の一つひとつが成長への一歩いつの日か自分の仕事を誇れるように
後藤 有喜
東京本店工事第一部工事課2016年入社 北海道科學大學卒

現在の仕事について

現在攜わっているのは、大學病院の新築工事のプロジェクトです。研修後初めての本配屬となる現場で、プロジェクト自體もまだ始まったばかり。まだ経験、知識ともに淺い私は先輩の仕事を手伝いながら、施工図面や照明器具配置図など図面の作成を中心に行っているところです。

入社後の研修では仕事に関するいろいろなことを學びましたが、現場で実感したのは、施工管理の仕事は思った以上に幅広い知識と視野が必要だということ。一つの現場には建築會社、各設備會社が集まり、自らの専門分野だけでなく全體を見渡しながら調整していく必要があります。打ち合わせひとつをとっても他業者からさまざまな質問が飛び交い、それらに的確に答えていく先輩方を見ていると改めてプロのすごさを感じます。自分自身はまだまだスタート地點に立ったばかり。とにかく毎日が勉強のつもりで取り組んでいます。

この仕事の面白さ?やりがい

プロジェクトメンバーはもちろん、他業者や職人さんなどいろんな方々とのコミュニケーションが必要な仕事ですが、もともと人と話をすることが得意ではない私?,F在は図面作成が業務の中心ですが、いずれ現場に出て多くの関係者と対話をしていくことに正直不安もあります。それだけに、普段から何気ない話題でも會話に參加し、少しずつでも人とのつながりが生まれていくことが本當に嬉しいですね。

また、最初の頃は右も左も分からなくて、とにかく先輩社員に質問していましたが、「質問する前に自分でも考えてみることが大切」というアドバイスのもと徐々に考える力も付いてきたように思います。こうして戸惑いながらも前進することで、日々成長を感じられることに確かなやりがいを感じています。

淺海電気の魅力

北海道で生まれ育った私は、一度東京に出てみたいという思いがありました。そこで、東京に拠點を持つ淺海電気に入社し、新しい世界でのスタートを切りました。當社は寮も完備しているし、新人教育に力を入れているので、その點でも安心できましたね。

実際、入社後の集合研修は1カ月あり、基本的な知識を學ぶほか、さまざまな現場を周って実踐に基づいた學習をする機會もあります。何より魅力を感じたのは、先輩方がとても親身にサポートしてくださり、何でも話せる雰囲気があること。今の現場に著任した當初も不安だらけでしたが、そうした先輩方のサポートがあるからこそ、頑張れる自分がいると思っています。まだまだ勉強すべきこと、経験すべきことは山ほどありますが、知識、経験ともに豊富な先輩方の背中を見ながら、著実に前進できると信じています。

これからの挑戦

まだまだスタート地點に立ったばかりの今は、まずは目の前の仕事を完成させることが目標です。そして、いろいろな経験を積み、いずれは自分自身が責任者である現場代理人となって、一つの現場を竣工させたいですね。

ひと言に電気設備工事といっても、建物によって求められる知識やスキルは異なります。今後経験する現場の一つひとつが、自分にとって大きな糧になるはず。どんな業務もおろそかにせず全力でぶつかることで幅広い知識を身に著け、何年後かに自分が手掛けた建物を誇りに思えるようなエンジニアになることが私の夢。そのためにも、一日一日、一瞬一瞬を大切にしながら、多くのことを學び取っていきたいと思っています。

POINT

入社後研修

淺海電気では、全國各地、各本支店で採用が決まった新入社員が大阪本店に集まり、1カ月間、入社後研修を実施。
仕事に関する基本的な知識を學ぶほか、現場を體験し、生きた知識を身に著けます。
座學での知識はもちろん、CADを使用した図面作成など実踐に必要なスキルも習得。
1カ月の學びを通し、プロとして活躍するための土臺をつくります。

このページのトップへ
请让我触碰你的樱花深处,和朋友夫妻一起互动做,韩国咬住奶头的乳三级,妈妈的桃花源生命之门